ディスペンサーの持つ力~シャンプーボトルだけに留まらない活用法~

>

種類豊富な顕微鏡

顕微鏡には、生物顕微鏡や実体顕微鏡などいくつかの種類があります。幅広く使われることから、様々な種類の顕微鏡が販売されています。利用の用途やニーズに合う顕微鏡を、販売側と相談し選ぶと良い顕微鏡に出会えます。

幅広い分野での活躍

ディスペンサーとはなにか

ディスペンサーとはなんでしょうか、耳慣れない単語です。 これは液体を定量と出する装置、そのコントローラーを含む周辺機器の総称です。簡単に言うと一番身近なものはシャンプーやボディーソープのボトルです。ですが今回は電気機器としてのディスペンサーについて説明しましょう。 シャンプーの容器のようなものを、エアパルス式ディスペンサーといいます。これとは違い、電気機器を使用したメカニカルディスペンサーは、吐出機構自体に圧縮エアを使用しないので、さらに高精度で安定性のあるディスペンサーです。 低粘度のものから中粘度高粘度のものまで、量も大容量のものから超微量のものまで幅広く販売されています。 方式も、非接触ジェット式からプランジャ方式までさまざまです。

製品のさまざまな使われ方

前述したとおりエアポンプ式のディスペンサーはシャンプー、ソープなどに使われています。 他にも、テープカッター メカニカルディスペンサーの一番身近なものはドリンクディスペンサーです。ファミリーレストランに行くとドリンクバーにおいてあります、アレです。定量のシロップと定量の飲料水を混ぜ合わせて排出します。ソーダファウンテンとも呼ばれます。 他にはエレクトロニクス業界において塗装や接着剤など、工場での生産のようなことに主に使われています。 それだけでなく、医療、検査業界で、サンプルの前処理や製薬について、化粧品業界や、衛星機器業界、つまりトイレにつけておくと流すたびに薬液を等量ずつ吐出する機械などにも使われています。

仕事の効率アップ

仕事の効率を良くするとして、タッチパネルモニターの導入が広まってきています。使用方法も簡単で、直感的に使用し操作が覚えられるのでミスも減り、どこでも仕事の効率アップが叶えられます。安い費用で導入することが出来ます。

事故を防ぐ

針金などの物質には、使用を続けると折れてしまいます。そのことを、物質の疲労と呼びます。物質の疲労は、定期的に試験を行わないと大きな事故を起こす可能性が高くなります。しっかりとした疲労試験を行い、安全を守りましょう。